中高年こそアイメイクで元気に

特質的な資格 > 生活 > 中高年こそアイメイクで元気に

中高年こそアイメイクで元気に

アイメイクは若い人向けのものだと思われがちですが、実は中高年の女性向けのメイク道具ではないかと思っています。40歳近くになって知り合いのメイクの先生から教えてもらい、それまでアイメイクに興味のなかった私を、毎日アイラインを描くまでにしてくれました。

 

若い人と同じように使うのではなく、年齢にあった使い方があるんだなあと実感しています。特におススメなのでアイラインです。上手く引けないからと諦めている人もいると思いますが、ちょっとした工夫で誰でも簡単に、そして自然な感じに描けるようになります。私も色々と試したり、工夫しながら上達しました。

 

色はやはり黒がいいです。日本人は黒目なので、黒目と白目のコントラストをはっきりさせてくれます。リキッドは上級者向けで、初心者は失敗したらやり直せるペンシルタイプのアイライナーの方が描きやすいでしょう。上のまぶたぎりぎりのまつ毛の生え際に細めに描くのがポイントです。下のまぶたに描いてしまうとギャルメイクっぽくなり「若づくり」している感じが出てしまいます。

理想のまつ毛を目指すには

 

年齢とともにまぶたが下がってきてシワもよりやすく、描きにくくなります。そんな時は描かない方の指で軽くまぶたを持ち上げておくと描きやすくなります。長いラインを1本で描くのではなく、短い線を描きながら少しずつつなげていくイメージで描きます。まつ毛とまつ毛の間を埋めていくイメージです。そして注意点としては、目じりを上げて見せたいからと言ってアイラインをはね上げて描かないことです。

 

目尻のラインとアイラインが離れてしまうと、アイラインが急に目立ってしまい、とても不自然でけばけばしくなります。あくまでも自然な目ぢからを出すという意味で、目尻の終わりかやや内側でラインを止めておきましょう。黒いラインが目立って気になる人は、アイラインを描いた上から、アイシャドーの濃い目の色を少し塗ってぼかしても自然になると思います。大人の女性の「自然な元気目ぢから」ってステキですよね。